2010年12月29日

冷え性対策として、お風呂にひと工夫

冷え性対策として、お風呂にマッサージ 大阪 中央区風ひと工夫です。

・ゆず風呂
冬至にゆず湯は、古くからの週間ですが、ゆずの皮に含まれる揮発油が、温熱効果を高めてくれます。
ゆずを水洗いしてから薄く輪切りにして浴槽に浮かべてください。
直接入れるのが気になるようなら、木綿の袋に入れてお湯に浮かべてください。

・アカマツ風呂
近くにアカマツがあるのなら、アカマツ湯を試してみてください。
新鮮な葉を取ってき、はかまを取って細切りにした後、よく水洗いして綿の袋に入れて、浴槽に浮かべてください。

・よもぎ風呂
よもぎは薬草です。
よもぎの葉っぱを乾燥させて、100gから300gほどを木綿の袋に入れて、水のうちから出張マッサージ 新宿みたいに入れておきます。
ラベル:病気 健康
posted by riki690532 at 12:25| 京都 ☀| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

冷え性について

食事で、冷え症に対抗するには、良質なたんぱく質、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンEなどのビタミン類をまんべんなく摂ることです。

血行を良くして、身体を温めることを意識して実践することが大切です。
適度な運動を習慣づけるだけでも良くなる人もおられます。

唐辛子など、身体が冷えたときに料理に入れて食べると手足の先まで温まるはずです。
冬至に食べる習慣のあるかぼちゃなどは、身体を温める効果と、ビタミンAが粘膜を保護するので風邪の予防にも効果が期待できます。

その逆に身体を冷やす食べ物は避けるようにします。
例えば、きゅうり、なす、みかん、柿などは身体を冷やすので注意が必要です。
食べてはいけないわけではありませんが、寝る前に食べるのは控えた方がよいかもしれません。
ラベル:健康 病気
posted by riki690532 at 12:21| 京都 ☁| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

二日酔いによい食べ物

・黒大豆
黒豆を食べながらお酒を飲むと、悪酔いや二日酔いを防いでくれるといいます。
黒豆にはたんぱく質、脂肪のほか、ソーヤサポニンという物質が含まれていますが、これが血中脂質の酸化を防止して脂肪やコレステロールを低下させてくれます。
この作用が二日酔いを軽くしてくれるようです。

・牛乳
お酒を飲み過ぎると、体力を消耗し、特に肝臓はダメージが大きいです。
ですので、牛乳で水分とたんぱく質を摂取することで消耗を補います。
ただし、冷たい牛乳は胃を刺激するので避けます。
牛乳はお酒を飲む前に飲むと胃壁を保護してくれるとも言いますね。

・大根おろし
おろすときは、よく洗い皮を剥かずにそのままおろしてください。
大根の皮の部分に多く含まれるビタミンCが肝臓の働きを助けてくれます。
そして、おろしたらすぐ食べると良いです。
時間がたつとビタミンCの酸化がすすんでしまいますので。
また、鉄などのおろし器でおろすことも酸化を早める原因です。
ラベル:健康 病気
posted by riki690532 at 13:42| 京都 ☔| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

二日酔いについて

二日酔いとは、お酒を飲んだあと、翌日になってもまだ酔いが残っていたり、頭痛や吐き気などの症状がでていたりすることです。
人それぞれですが、頭痛や吐き気、めまい、食欲不振や身体のだるさなどの症状となります。

飲んだアルコール分は約20%が胃で吸収されます。
そして、残りが腸でゆっくりと吸収されます。
その後は、肝臓に運ばれて、肝臓がアルコールをアセトアルデヒドという物質に分解します。
それを酸化して酢酸と水に変えて無毒化します。

肝臓がこれらの処理をする能力というのが、日本酒を飲んだ場合で1時間に約0.3合だといわれています。
つまり、これ以上の量のアルコールが体内に入ってくると、処理が間に合わなくなるので血中にアセトアルデヒドの量が多くなるというわけです。
これが脳などに障害を与えます。
酔った状態です。
この酔った度合いが大きいと悪酔いや二日酔いが起こってしまいます。

もしも、二日酔いになってしまったら、まずは、水分をたくさん摂りましょう。
ラベル:健康 病気
posted by riki690532 at 13:13| 京都 ☔| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

しょうが(生姜)の効能

しょうが(生姜)の効能は、色々と知られています。
栄養成分じたいは、それほど多くないのですが、しょうが独特の辛み成分や香り成分に薬効があります。

しょうがの辛み成分ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンには血行を促進する作用や、身体を温める働きがありますので大阪 マッサージの効果も上がります。
そして、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きもあります。
また、強い殺菌力があるというのもこれらの辛み成分の特徴です。
しょうがの香り成分では、食欲増進の働きを持つシネオールが含有されています。
こちらは疲労回復や夏バテ解消に役立ち、健胃作用、解毒作用、消炎作用もあります。
これら辛みや香り成分には抗酸化作用もあるので、老化防止、がん予防に効果が期待できます。

しょうがは、中国ではセラピスト 求人の漢方薬として用いられます。
生のしょうがを生姜(しょうきょう)、乾燥したものを乾姜(かんきょう)と呼びますが、その薬効は、吐き気止め、風邪、鼻づまり、冷え、頭痛、咳、食欲不振の改善などがあります。
ラベル:栄養 食材
posted by riki690532 at 11:39| 京都 ☁| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。