2010年12月06日

栄養的な飲み方色々コーヒー

コーヒーにはナイアシンを含むビタミンB群が含まれています。
そのほかには、トリゴネリン、有機酸、遊離脂肪酸、たんぱく質(カフェイン、タンニンなど)も含まれています。
コーヒーは心臓の働きをうながして、血行をよくしてくれるので、全身に酸素が行き渡ることになり、脳の働きが活発となります。
皮膚もきれいになる美肌効果もあります。

またコーヒーには、腎臓の働きを刺激することで、利尿を促進させる効果もあります。
新陳代謝が促進されて、老廃物を体外に排出します。
代謝が促進されることで身体の疲労回復の効果もあり、副交感神経を刺激するので、自律神経のバランスを保ち、頭脳労働の疲労にも効果が期待できます。

コーヒーを運動前に飲めば、脂肪を分解しエネルギーに変える働きにより、ダイエットにも効果的と言えるでしょう。
ちなみに、砂糖はその分解の働きを妨げてしまいます。

さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸は、発がん性物質ニトロアミンの生成を阻止する働きがあるので、がん予防の効果も期待できます。
コーヒーと言えばカフェインが有名だが、そのカフェインは胃液の分泌を促進させ、胃の働きを促す効果があります。
消化を助け、胃がもたれにくくなることから、食後の一杯などに良いですね。
しかし、コーヒーは鉄分の吸収を悪くしてしまうので、貧血気味の人は飲みすぎに注意です。
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 13:30| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。