2010年12月08日

民間でも利用されてきたかぶ

見た目もそうですが、かぶの栄養成分というのは、大根とよく似ています。

かぶに含まれているでんぷんの消化酵素であるジアスタ−ゼやビタミンCも豊富に含まれています。
かぶの煮物は、胃潰瘍のときなどに、胃に優しく、刺激をしない食べ物として、昔から有効的に食べられています。

また、腹痛のときは、かぶの根をおろして、そのおろし汁を2〜3杯飲むとよいといわれています。
それは、食用不振にも効果的だそうです。
ほかにも、みかん・りんご・かぶなどを混ぜて、葉をジュ−スにして飲むと、吹き出ものや腫れものにも効果があるといわれています。

そうやって民間でも利用されてきたかぶは血圧の低い人、食の細い人、お年寄りなどにぜひおすすめしたい野菜です。

[PR]
マッサージ 品川区
リンパマッサージ 練馬区
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 12:38| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。