2011年01月21日

ぶら下がり健康法の効果

ぶら下がり健康法は、かつて大ブームを起こした健康法です。

元々人間は、四本の足で歩いていましたが、その後、直立するようになり、二本の足で歩くようになりました。

その為、他の動物とは異なる多くの不具合が出るようになりました。

例えば、背骨は重い頭を支えなければいけませんし、腰椎の下部には体重の主要部分が掛かかってしまします。

その為、長時間同じ姿勢を続けると、背中から腰にかけて、骨や筋肉に疲労がたまってしまうのです。

背骨は、脳からの神経が通っている場所でもあります。

背骨が変に曲がると、神経の働きを悪くしたり、背骨の中の神経を痛めたり、体に様々な悪影響が出てしまいます。

ぶら下がり健康法は、背骨のゆがみや潰れを治して、筋肉を付けて、体の諸機能を回復する効果があります。

人間は手を上に上げたり、猿のように、木にぶら下がっる動作をしなくなりました。

ぶら下がり健康法は、腕の筋肉の増強にも効果があります。

伸びをするだけでも、体にかかる負担を減らす効果があるので、背骨や腰の疲労が気になる方は試してみましょう。

ラベル:健康法
posted by riki690532 at 19:54| 京都 ☀| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。