2010年09月02日

十円玉健康法

人間の体内には生体電流と呼ばれている微弱な電流が流れています。
しかし何かの要因で生体電流が乱れると体調が崩れてしまうのだそうです。

それを硬貨を使用して改善しようと言うのが十円玉健康法(硬貨健康法、メタル健康法とも)です。

一円玉、五円玉、十円玉を用意してください。
一円玉にはアルミニウム、五円玉には銅と亜鉛、十円玉には銅とスズが含まれています。
硬貨に含まれている金属はどれもイオン化傾向の強い金属ですので、これを利用して生体電流の乱れを整えるのです。

硬貨を貼り付ける場所は、目的によってまちまちです。
基本的には種類の違う効果を離れて貼り付けると考えてください。
時間も特に指定はありません。
違和感がなければ一晩中つけていても問題はありません。

最後にワンポイント。
使用する硬貨は、なるべく新しいものを使いましょう。
古くなった硬貨は、イオン化傾向が弱くなっていますので。
タグ:健康 健康法
posted by riki690532 at 15:14| 京都 ☁| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。