2010年09月13日

うつぶせに寝るだけな健康法

看護や介護の現場から始まった健康法もあります。
うつぶせ寝健康法です。

人間はうつぶせで寝るのが自然なカタチだという意見もあります。
それを実践するわけですが、実際に内臓や腰への負担が減るのがうつぶせ寝なのです。
無理のない寝方をするということで快眠に繋がりますね。

やり方はうつぶせになって寝るだけなのですが、苦しければクッションを挟んでみたり、横向きから徐々に慣れていくのもよろしいかと思います。

また、うつぶせだと気管が確保されるため、呼吸が楽になったり、いびきをかかなくなったりする効果もあります。
イビキにお悩みの方は実践してみればどうでしょうか。
更に背骨のあたりの血管の血流も確保できますね。

ただし。
言うまでもなく、寝相の悪い人には不可能な健康法ではあります。
タグ:健康 健康法
posted by riki690532 at 16:49| 京都 ☁| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。