2010年11月26日

大豆の栄養素がさらに優れた、味噌

味噌は、大豆・麹・食塩を混ぜ合わせて発酵熟成させた食品です。
発酵熟成中に重要な役割を果たす微生物の働き方が気候風土、それぞれの蔵によって微妙に違いが出て、原料や環境、水質などの条件も加わると、地方色のある千差万別の味噌となります。
味噌は昔から医者いらずと呼ばれるほど、健康効果の高い機能性食品なのです。

味噌の代表的な効果を挙げると、がん予防、コレステロールの抑制、消化促進、美容効果、整腸作用、胃潰瘍の予防、老化防止、基礎代謝の促進、脳の活性化などがあります。
さらに主原料である大豆には、良質のたんぱく質が多く含まれいます。
そのなかには生命維持に不可欠な必須アミノ酸だけでなく、過酸化脂質の増加を防ぐといわれているサポニン、ビタミン群、カリウム、カルシウム、食物繊維など色々な栄養素が豊富に含まれている。

また、大豆に含まれるフラボノイドの一種であるイソフラボンは、骨粗鬆症の予防や美肌・美白の効果があるとされています。
味噌は発酵によって、これら大豆の栄養素がさらに優れたものになった食品と言えます。
タグ:食材 栄養
posted by riki690532 at 17:40| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。