2010年12月15日

しょうが(生姜)の効能

しょうが(生姜)の効能は、色々と知られています。
栄養成分じたいは、それほど多くないのですが、しょうが独特の辛み成分や香り成分に薬効があります。

しょうがの辛み成分ジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンには血行を促進する作用や、身体を温める働きがありますので大阪 マッサージの効果も上がります。
そして、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きもあります。
また、強い殺菌力があるというのもこれらの辛み成分の特徴です。
しょうがの香り成分では、食欲増進の働きを持つシネオールが含有されています。
こちらは疲労回復や夏バテ解消に役立ち、健胃作用、解毒作用、消炎作用もあります。
これら辛みや香り成分には抗酸化作用もあるので、老化防止、がん予防に効果が期待できます。

しょうがは、中国ではセラピスト 求人の漢方薬として用いられます。
生のしょうがを生姜(しょうきょう)、乾燥したものを乾姜(かんきょう)と呼びますが、その薬効は、吐き気止め、風邪、鼻づまり、冷え、頭痛、咳、食欲不振の改善などがあります。
ラベル:栄養 食材
posted by riki690532 at 11:39| 京都 ☁| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。