2011年04月26日

一日二食健康法

基本的に、日本人は三食しっかり食べることが
健康の条件としてよく挙げられますが、
一日二食の食生活でも、
やりかたによっては健康法になりえます。

人間の胃腸や肝臓は絶え間なく活動し続けているので、
一日三食食べていると、
これらの臓器が休む時間がなくなってしまいます。

一日二食に食事を減らすことで、
臓器を休む時間を確保しようというのが
この健康法の趣旨です。

基本的には朝食を抜いて、
お昼と夜にしっかりと取るという生活をすることになります。

胃腸や肝臓が休まり、
身体全体がすっきりと感じられることでしょう。

慢性疲労や花粉症などにお悩みの方は、
是非一度試してみてください。

ただし、水分はしっかりと補給するようにしましょう。
posted by riki690532 at 13:25| 京都 ☁| 健康と食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。