2011年01月21日

ぶら下がり健康法の効果

ぶら下がり健康法は、かつて大ブームを起こした健康法です。

元々人間は、四本の足で歩いていましたが、その後、直立するようになり、二本の足で歩くようになりました。

その為、他の動物とは異なる多くの不具合が出るようになりました。

例えば、背骨は重い頭を支えなければいけませんし、腰椎の下部には体重の主要部分が掛かかってしまします。

その為、長時間同じ姿勢を続けると、背中から腰にかけて、骨や筋肉に疲労がたまってしまうのです。

背骨は、脳からの神経が通っている場所でもあります。

背骨が変に曲がると、神経の働きを悪くしたり、背骨の中の神経を痛めたり、体に様々な悪影響が出てしまいます。

ぶら下がり健康法は、背骨のゆがみや潰れを治して、筋肉を付けて、体の諸機能を回復する効果があります。

人間は手を上に上げたり、猿のように、木にぶら下がっる動作をしなくなりました。

ぶら下がり健康法は、腕の筋肉の増強にも効果があります。

伸びをするだけでも、体にかかる負担を減らす効果があるので、背骨や腰の疲労が気になる方は試してみましょう。

タグ:健康法
posted by riki690532 at 19:54| 京都 ☀| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

冷え性対策として、お風呂にひと工夫

冷え性対策として、お風呂にマッサージ 大阪 中央区風ひと工夫です。

・ゆず風呂
冬至にゆず湯は、古くからの週間ですが、ゆずの皮に含まれる揮発油が、温熱効果を高めてくれます。
ゆずを水洗いしてから薄く輪切りにして浴槽に浮かべてください。
直接入れるのが気になるようなら、木綿の袋に入れてお湯に浮かべてください。

・アカマツ風呂
近くにアカマツがあるのなら、アカマツ湯を試してみてください。
新鮮な葉を取ってき、はかまを取って細切りにした後、よく水洗いして綿の袋に入れて、浴槽に浮かべてください。

・よもぎ風呂
よもぎは薬草です。
よもぎの葉っぱを乾燥させて、100gから300gほどを木綿の袋に入れて、水のうちから出張マッサージ 新宿みたいに入れておきます。
タグ:病気 健康
posted by riki690532 at 12:25| 京都 ☀| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

うつぶせに寝るだけな健康法

看護や介護の現場から始まった健康法もあります。
うつぶせ寝健康法です。

人間はうつぶせで寝るのが自然なカタチだという意見もあります。
それを実践するわけですが、実際に内臓や腰への負担が減るのがうつぶせ寝なのです。
無理のない寝方をするということで快眠に繋がりますね。

やり方はうつぶせになって寝るだけなのですが、苦しければクッションを挟んでみたり、横向きから徐々に慣れていくのもよろしいかと思います。

また、うつぶせだと気管が確保されるため、呼吸が楽になったり、いびきをかかなくなったりする効果もあります。
イビキにお悩みの方は実践してみればどうでしょうか。
更に背骨のあたりの血管の血流も確保できますね。

ただし。
言うまでもなく、寝相の悪い人には不可能な健康法ではあります。
タグ:健康 健康法
posted by riki690532 at 16:49| 京都 ☁| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

十円玉健康法

人間の体内には生体電流と呼ばれている微弱な電流が流れています。
しかし何かの要因で生体電流が乱れると体調が崩れてしまうのだそうです。

それを硬貨を使用して改善しようと言うのが十円玉健康法(硬貨健康法、メタル健康法とも)です。

一円玉、五円玉、十円玉を用意してください。
一円玉にはアルミニウム、五円玉には銅と亜鉛、十円玉には銅とスズが含まれています。
硬貨に含まれている金属はどれもイオン化傾向の強い金属ですので、これを利用して生体電流の乱れを整えるのです。

硬貨を貼り付ける場所は、目的によってまちまちです。
基本的には種類の違う効果を離れて貼り付けると考えてください。
時間も特に指定はありません。
違和感がなければ一晩中つけていても問題はありません。

最後にワンポイント。
使用する硬貨は、なるべく新しいものを使いましょう。
古くなった硬貨は、イオン化傾向が弱くなっていますので。
タグ:健康 健康法
posted by riki690532 at 15:14| 京都 ☁| 健康法あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。