2010年12月10日

ごぼうと言えば食物繊維

食物繊維の多い野菜と言えば、ごぼうが代表格ですね。
ごぼうは水溶性食物繊維のイヌリン、不溶性食物繊維のヘミセルロース、リグニンなどを豊富に含んでいます。

それらの、ごぼうに含まれる食物繊維は、消化吸収されずにお腹の中を通過します。
そうやって、胃や腸をきれいに掃除して便秘を改善したり、大腸がんの予防になったりします。
また同時に悪玉の腸内細菌の繁殖を防ぐ作用もあります。

また、ヘミセルロースやリグニンなどの不溶性食物繊維は、肉や米の数十倍の水分を吸収して便通を促す効果があります。
さらに微量成分であるリグニンには、がんの発生を抑制する作用があると言う話もあります。
イヌリンは腎機能を高めて、利尿作用があります。
水溶性食物繊維には悪玉コレステロールを排出する働きや、血糖が急激に上昇するのを防ぐ働きもあるため、動脈硬化や糖尿病の予防に効果的です。

他にも、ごぼうにはビタミン類やミネラル類、カリウムやアルギニンも含まれています。
中国では昔から、解熱、解毒、咳きを鎮める薬として使われてきました。
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 12:50| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

民間でも利用されてきたかぶ

見た目もそうですが、かぶの栄養成分というのは、大根とよく似ています。

かぶに含まれているでんぷんの消化酵素であるジアスタ−ゼやビタミンCも豊富に含まれています。
かぶの煮物は、胃潰瘍のときなどに、胃に優しく、刺激をしない食べ物として、昔から有効的に食べられています。

また、腹痛のときは、かぶの根をおろして、そのおろし汁を2〜3杯飲むとよいといわれています。
それは、食用不振にも効果的だそうです。
ほかにも、みかん・りんご・かぶなどを混ぜて、葉をジュ−スにして飲むと、吹き出ものや腫れものにも効果があるといわれています。

そうやって民間でも利用されてきたかぶは血圧の低い人、食の細い人、お年寄りなどにぜひおすすめしたい野菜です。

[PR]
マッサージ 品川区
リンパマッサージ 練馬区
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 12:38| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

栄養的な飲み方色々コーヒー

コーヒーにはナイアシンを含むビタミンB群が含まれています。
そのほかには、トリゴネリン、有機酸、遊離脂肪酸、たんぱく質(カフェイン、タンニンなど)も含まれています。
コーヒーは心臓の働きをうながして、血行をよくしてくれるので、全身に酸素が行き渡ることになり、脳の働きが活発となります。
皮膚もきれいになる美肌効果もあります。

またコーヒーには、腎臓の働きを刺激することで、利尿を促進させる効果もあります。
新陳代謝が促進されて、老廃物を体外に排出します。
代謝が促進されることで身体の疲労回復の効果もあり、副交感神経を刺激するので、自律神経のバランスを保ち、頭脳労働の疲労にも効果が期待できます。

コーヒーを運動前に飲めば、脂肪を分解しエネルギーに変える働きにより、ダイエットにも効果的と言えるでしょう。
ちなみに、砂糖はその分解の働きを妨げてしまいます。

さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸は、発がん性物質ニトロアミンの生成を阻止する働きがあるので、がん予防の効果も期待できます。
コーヒーと言えばカフェインが有名だが、そのカフェインは胃液の分泌を促進させ、胃の働きを促す効果があります。
消化を助け、胃がもたれにくくなることから、食後の一杯などに良いですね。
しかし、コーヒーは鉄分の吸収を悪くしてしまうので、貧血気味の人は飲みすぎに注意です。
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 13:30| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

食物繊維&寒天

寒天は、海藻の一種である天草などから作られます。
天然の食物繊維やミネラルなどをバランスよく含んでいます。
そういったことからも、寒天は生活習慣病や肥満予防に最適な食材と言えます。

寒天に含まれる食物繊維は、食品の中でも特に多量です。
寒天の食物繊維が胃酸で分解されることでアガロオリゴ糖という物質になります。
このアガロオリゴ糖にはがん細胞の成長を防ぐ作用や抗酸化作用があります。
更に寒天の食物繊維は、腸内を綺麗にしてくれるので便秘、肥満、高血糖を防ぐ働きもあります。

また寒天はカルシウムも豊富ですから、骨や歯を育てる作用や、目や脳の健康を保つ働きも期待できます。
そして寒天は、独特の喉ごしで味わう冷たさが脳を刺激され活性化することで、元気の素となるホルモンが分泌されます。
免疫力が高まり、風邪の予防にも役立つでしょう。

現代人に不足しがちな食物繊維を摂取でき、生活習慣病対策にもなる、とてもヘルシーな食材が寒天です。
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 15:37| 京都 ☁| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

大豆の栄養素がさらに優れた、味噌

味噌は、大豆・麹・食塩を混ぜ合わせて発酵熟成させた食品です。
発酵熟成中に重要な役割を果たす微生物の働き方が気候風土、それぞれの蔵によって微妙に違いが出て、原料や環境、水質などの条件も加わると、地方色のある千差万別の味噌となります。
味噌は昔から医者いらずと呼ばれるほど、健康効果の高い機能性食品なのです。

味噌の代表的な効果を挙げると、がん予防、コレステロールの抑制、消化促進、美容効果、整腸作用、胃潰瘍の予防、老化防止、基礎代謝の促進、脳の活性化などがあります。
さらに主原料である大豆には、良質のたんぱく質が多く含まれいます。
そのなかには生命維持に不可欠な必須アミノ酸だけでなく、過酸化脂質の増加を防ぐといわれているサポニン、ビタミン群、カリウム、カルシウム、食物繊維など色々な栄養素が豊富に含まれている。

また、大豆に含まれるフラボノイドの一種であるイソフラボンは、骨粗鬆症の予防や美肌・美白の効果があるとされています。
味噌は発酵によって、これら大豆の栄養素がさらに優れたものになった食品と言えます。
ラベル:食材 栄養
posted by riki690532 at 17:40| 京都 ☀| 食材で健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。